Magazine

Magazine

  • 食 Food
  • 美 Beauty
  • 正 Maintenance
  • 動 Exercise
  • 識 Abmbassador
  • 食 Food
  • 美 Beauty
  • 正 Maintenance
  • 動 Exercise
  • 識 Abmbassador

運動の前にバターコーヒー

運動の前にバターコーヒー

武藤順子
  • 武藤順子
  •  2018.01.30
    • facebookボタン
    • Twitterボタン

寒くてスポーツなんて気分じゃはありませんが、先日もマイナス2度の朝、テニスをしてきました。

凍った駐車場をそーっと歩いて、ラケットを持って車に乗り込むとき、近所の知り合いのまなざしがこう言っていました。

「こんな寒い朝に、武藤さんも好きね~」

さらにこの日は、朝食はバターコーヒーだけ。これはダイエット目的というよりも、どれくらい持久力が高まるか!の実験でした。


作り方は簡単。コーヒーにMCT(中鎖脂肪酸)オイルとグラスフェッドバターをいれて、ブレンダーで思いっきり攪拌するだけ。MCTオイルは大さじ1杯くらいはいれます。えーー油っぽいコーヒー?と思うなかれ。ブレンダーで攪拌することで、それはそれはクリーミーで、美味しいコーヒーに返信するのでございます。
バターコーヒーは最近知名度を上げていて、都内では飲めるお店も徐々に増えているとか。ご存知でしたか?

一体全体何にいいのか?!というと、ダイエットにいいんです。

まぁ、その話は別の機会にするとして・・

今日はこのバターコーヒーが「持久力を上げる」というお話。主役はバター、ではなく、中鎖脂肪酸オイル、英語で言うとMedium chain triglyceride、略してMCTオイル。

MCTオイルを2週間とったあとに、自転車こぎをするとね、高強度運動、つまりハーハー息が上がるくらい頑張って自転車をこぐと、普通の油をとった人と比べて、長い時間自転車がこげる事がわかったんです。

これは、いつも坂の途中で降りちゃう人が、ちゃんと坂の上まで自転車をこいで登れた、っていうイメージ、すごいでしょ。

MCTオイルは、体の中で「ケトン体」という物質に変化して、これがグルコースよりも効率的ないいエネルギー源になります。

実は、体の脂肪が燃えても、同じ「ケトン体」ができます。うれしいことに、MCTオイルを習慣的に飲んでいると、脂肪が燃えやすい体になるんです。

運動しても持久力が付く上に、体の脂肪も燃えやすくなる。こりゃ飲まないと損でしょう。笑 テニスはもちろん、エネルギー切れにならず、さわやかに終了。

バターコーヒーの作り方は以下のブログにあるので、ぜひチェックして、挑戦してみてください。

認知症の予防や改善にもいいんです。

どんだけお得なんだ、この油。

http://mutoshiki-diet.jp/category/blog/

前のページに戻る

ページの先頭に戻る