Magazine

Magazine

  • 食 Food
  • 美 Beauty
  • 正 Maintenance
  • 動 Exercise
  • 識 Abmbassador
  • 食 Food
  • 美 Beauty
  • 正 Maintenance
  • 動 Exercise
  • 識 Abmbassador

VITAFLAVONEについて

VITAFLAVONEについて

「食」が意味するもの。

「食」は、すべての人の日々の暮らしのなかの大切なテーマです。

人が食するということは喜びであり、また人間活動としての文化的行為です。

「食」に知恵と愛情を

私たちは、食こそが、人々の美しさを内側から引き出し、健康を底上げすることができるものと捉えています。

女性が輝くことは、家族もまた幸せであり続けることができると考え、私たちは日々女性に寄り添う商品開発やサービスに取り組んでおります。

本サイトは、女性がいつまでも活き活きとしたライフスタイルを送るための、質のよい食育情報やヘルス&ビューティ情報をお届けしていきます。

ビタフラボンブランドとは

ビタフラボンブランドとは

女性の永遠のテーマ「美容」と「栄養学」を融合させた、まったく新しいインナービューティフードです。

本ブランドは、大豆を主原料とし、とりわけ女性に優しいイソフラボンとGABAに注目しました。

女性に優しいイソフラボンとGABAに注目しました

ビタフラボンは、大豆や野菜がもつ様々な機能性を掛け算し植物の無限の可能性や生命力が生み出す神秘の恵みとして、さまざまなスーパー美活フードを展開して参ります。

「いまさら聞けない大豆はヘルシー&ビューティフードの王様」

大豆の成分

畑の肉と呼ばれる栄養価の高い大豆。
豆が主役になる機会がじわじわと増えています。
日本では、御馴染みの味噌や納豆、醤油などには欠かせない大豆も、和食のイメージが強く、また豆が主役になる機会がなかなかありませんでした。しかし昨今健康志向の高まりの中、スープやサラダへの利用などさまざまな食べ方が試されてきています。

ヘルシー食品

日本よりもすでにブームになっているのが米国。
ここ10年で、大豆がヘルシー食品として国民に定着してきましたが、FDA(米国食品医薬品局)も1999年に大豆ベースの食品や飲料に心臓病予防効果の表示を認めています。また、U.S. Soybean Export Council(アメリカ大豆協会) は、ACS(アメリカ癌学会)より大豆や豆腐などの伝統大豆食品が乳がん、前立腺がん等のがんリスクを低下するという見解が提示されています。

美肌

エストロゲンは別名美肌ホルモンと呼ばれ、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、みずみずしくしっとり保ち、輝く働きをします

大豆イソフラボンは、大豆に含まれているポリフェノールの一種。
女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持つ食品と認識されています。
エストロゲンは別名美肌ホルモンと呼ばれ、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、みずみずしくしっとり保ち、輝く働きをします。

腸の働き

大豆の大豆オリゴ糖は腸内環境をすっきり保つ役割があります。
オリゴ糖は人間の消化酵素で熱や酸に強いので消化や分解されることなく、大腸に届くので、毎日すっきり。

内臓脂肪を燃やす

大豆のβ(ベータ)コングリシニンに、メタボリックシンドロームの元凶である内臓脂肪や中性脂肪を効果的に低減させる効果があることが、京都大学の研究により明らかになっています。

高血圧、動脈硬化の予防に

大豆にはレシチンが含まれ細胞に必要な酸素や栄養を吸収し細胞内の老廃物を排泄します。
日本人は良質なタンパク質の摂取が足りないと言われています。
ご存じタンパク質は筋肉や血管、血液を組織する重要な要素。血圧の上昇を穏やかにキープし、脳や腎臓の働きを活性するという作用も。

「たけしの家庭の医学」でも大注目の大豆食品で健康物質エクオールをつくりましょう!
大豆食品で健康物質エクオールをつくりましょう!
身体を作る良質なたんぱく質を筆頭に、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどが含まれる大豆は、まさに自然のバランス栄養食。
話題のスーパー健康物質エクオールも、毎日の大豆生活で増やすことができると言われています。
エクオールは、女性ホルモンに変わって身体のバリア機能を保ったり、身体を若返らせ病気を予防する可能性があるスーパー物質。
加齢で動脈硬化が進んだ血管も見違えるように若返らせ、脳梗塞や心筋梗塞の予防やガンの予防までも期待ができるそうです。
デザイナーフーズ ピラミッド

ビタフラボン開発者
  • 関口絢子
  • 商品開発 関口絢子
    詳しいProfileはこちら
  • 澤登雅一
  • 監修 澤登雅一
    東京慈恵会医科大学卒業。血液内科医として、
    日本赤十字社医療センターに勤務。
    三番町ごきげんクリニック院長。
    ・医学博士
    ・東海大学医学部血液腫瘍内科非常勤講師
    ・慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授
    ・日本内科学会総合内科専門医
    ・日本血液学会専門医
    ・日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
    ・日本抗加齢医学会評議員・専門医
    ・米国先端医療学会(ACAM)キレーション治療認定医
    ・エピジェネティック療法研究会 代表幹事
    ・特定非営利活動法人 日本コーチ協会認定メディカルコーチ
    ・日本医師会認定産業医

ページの先頭に戻る